車載動画のノイズ対策は、防振シートで簡単解決。(ロードバイク編)

アクションカムの車載はこれで決まり

現在ロードバイクの車載動画は、カメラにSONYアクションカムHDR-AS300を、マウンターは定番中の定番ミノウラのVC100-Mを使っています。

ここからは少し過去の話。
ロードバイクでの車載動画を撮り始めた頃…

自転車の車載動画撮影定番のミノウラのカメラマウンターは、高級感もありハンドル周りはかなりスッキリするのですが、残念な事に撮れた動画を見返してみると何か酷いノイズが…。

「ジジジジッ」という金属が触れ合っているような音と、地面からくる「ゴロゴロ」と唸るロードノイズ

「ジジジジッ」部分はマウンターの締め付けが甘かった可能性があり、締め付け具合を調整すればなんとかなりそうでしたが、ロードノイズ部分は、カメラ自体に自転車(車輪から)の振動が直接伝わってきているようでした。そこを何とか対処してやればロードノイズを軽減させる事ができるのではないかと思い、あるパーツを導入することにしました。

マウンターの取り付けは、当初余ったバーテープを巻きその上からセットしていたのですが、バーテープの代わりにこういったものを使ってみることにしました。
東京防音 オーディオ用防振シート 粘着付ハネナイトシート

見た感じほんの少し分厚い只のゴムシートですね。500円前後のものです。
はさみで切って、ハンドルに巻いて、その上にマウンターをセットして、撮影してみました。
そして結果は…。

「はい、正解です!!」

全てうまくいきました。地面から突き上げてくるような振動も少なくなり、自転車のフレームやハンドルから伝わってくる振動も軽減され、ノイズも無くなりました。

この防振シートとマウンターはセットとして考えた方がいいですね。かなり効果的です。

これだけうまくいくと、オートバイではどうかな?と思ってしまいますね。

この安い防振シートは、自分の中では久々のヒット商品でした。
「やるなー、防振シート!! 何かほかに防振するものあったかな?」

当時の動画です。

防振シートで振動対策をする(ロードバイク車載動画)
タイトルとURLをコピーしました