バイク車載であっけなく壊れたiPhone Xのリアカメラ。

バイク用のナビを、長年使ってきたPanasonicのGorillaからiPhone Xに変ました(少し前の話ですが)。ナビアプリはカーナビタイム。ナビの表示や音声案内のタイミングに関しては、まだまだGorillaの方がいいとは思いますが、工事や渋滞などの情報がリアルタイムに取得できるってのはいいですね。

バイクへのマウントは、こちらも長年RAMマウントを使ってきましたが、今回からQUAD LOCKに変更です。

どっちがいい専用機とiPhoneのナビ
どっちにするか迷います。

最初一度だけ、まだ完全に(ナビの性能として)iPhone Xへ乗り換えるのが心配だったので、2つ搭載して案内の癖などを検証しましたが、カーナビタイム、案内に関してはGorillaの方がまだまだ上だと感じましたが、その他の部分を考えれば、Gorillaより優っている部分が多いと思ったので、2度目のツーリングからはiPhone Xに完全移行となった訳です。

さて、前置きはここまで。

バイク車載数回で異常発生!!(画面が揺れる…)

そんなiPhone Xですが、最初に異変を感じたのはツーリングの途中にiPhone Xで写真を撮ろうとした時、画面がゆらゆら揺れていて全く正常に写真が撮れない現象が発生。

「あっ、これは光学手ぶれ補正の誤作動だな」と。バイクはかなりの振動があるので、バイクから外した直後は、まだ手ぶれ補正の機能が、振動なのか手ぶれなのか?うまく認識できずに誤作動で、ずっと画面がゆらゆらしているという感じを受けました。

次の異変は、広角側のカメラでは撮影できる状態でしたが、望遠側のカメラでは画面が揺れて正常に撮れなくなった事です。それと同時に望遠側にカメラを切り替えると、カメラ部分から「カタカタ」と異音がするようになりました。

そして、最終的には広角、望遠両方のカメラで正常な写真が撮れなくなりました。

カメラ壊れる
カメラ壊れる。画面ゆらゆら。

これはもう完全に壊してしまったな…と。
少しネットで検索してみると、同じような人がいるようでしたので、特に落としたこともなかった事から、原因はバイク車載だな…と結論づけました。

やれやれです。もう保証もないですし、Apple Care+にも入ってませんでしたから。

修理料金を調べると(安いところで)約2万円近く掛かるようですし、もう車載をやめると言うことは考えられなかったので、壊れたまま使い続けようとなった訳です。

因みにロードバイクのサイクルメーターとして使っているiPhone5sは単純なカメラなので、長年使っていますが、未だ現役です。(バッテリーは1度自分で交換しました。)

ダブルレンズに光学手ぶれ補正のカメラを搭載しているiPhone X以降の機種や、今やiPhone 11 Proなんかはトリプルレンズです。

YouTubeやネットなんかをみていると、同じようにバイク車載で壊れた方もいるし、無事使えている方もいるしで、全てが全て簡単に壊れると言うわけではないでしょうけど、バイク車載にはかなりのリスクがあると言うことを理解しておいたほうがいいと思ってます。

さて、次回は「修理に数万円も掛かるんだったら、自力で安く直してやろう!!」をお送りします。

<追記:2019.10.14>

iPhone Xのリア側ダブルレンズ交換

<追記:2020.07.02>
自分で交換したリアカメラ(リアカメラモジュールフレックスケーブル)ですが、今では「故障してもいいや!!」という気でバンバンツーリング(こんな所こんなところ)に使ってますが、今のところ問題なく使えています。今では「故障は、個体差かなぁ?」という気もしています。

タイトルとURLをコピーしました