Apple Watchから家電をコントロールしてみよう。(ワークアウトとショートカット活用編)

スマートリモコン(SwitchBot Hub mini)を導入しApple WatchからもSiriショートカットを実行して家電のコントロールを実現させました。今回はオートメーション機能を使って自動的に家電をコントロールする方法を構築します。

Apple Watchで家電をコントロール

家電をコントロールするこれまでの流れは過去の投稿をご覧ください。

今回実現させたい事

今回は、以下のような動作を行ってもらう機能をスマートリモコンの設定とiPhoneショートカットのパーソナルオートメーション機能を使って実現させます。

  • 複数の家電を同時にコントロールする。
  • ショートカットのパーソナルオートメーション機能を使って、確認なしでオートメーションを実行させる。

具体的には、外出先から帰ってきた時に、自動的にエアコンと照明を点けることを目的としています。

準備:スマートリモコン(SwitchBot Hub mini)でシーンの作成

早速、複数の家電をコントロールする為にスマートリモコン(SwitchBot Hub mini)で「シーン」を作成します。「シーン」とは、複数の家電をコントロールする為のグループのようなものです。

今回は、エアコン(冷房26℃/風速低)の電源をオンにし、照明も同時に点けるようにSwitchBot Hub miniで「シーン」を作成します。

次に作成した「シーン」をSiriショートカットと連携(追加)します。

これでショートカットからスマートリモコン(SwitchBot Hub mini)の「シーン」を実行させる環境が整いました。

次はiPhoneのショートカット.appで、パーソナルオートメーションを作成します。

パーソナルオートメーションの作成

今回実行させたい動作は、外出先から帰ってきたら、確認なしでオートメーションを実行させることです。

ショートカット.appのオートメーションは、ユーザに確認を求めて実行するものと、自動的に(確認なしで)実行するものがあります。

ここにまとめると、以下のイベント(動作)をトリガー(きっかけ)としたオートメーションは自動で実行されます。

  • 機内モード
  • アラーム
  • CarPlay
  • おやすみモード
  • 低電力モード
  • NFC
  • Appを開く
  • Apple Watch ワークアウト

次に以下のイベントは自動実行できずにiPhoneに確認の通知が表示され、オートメーション実行の確認を求められます。

  • 到着
  • 出発する前
  • Bluetooth
  • 出発
  • 時刻
  • Wi-Fi

本来なら、自宅に帰宅(到着)した時、または自宅のWi-FiにiPhoneが接続された時に、自動的に実行してもらいたいのですが、上記のように自動的に実行する仕様にはなっていません。(ショートカット:バージョン3.5)

よって、今回はApple Watchのワークアウトを利用します。

Apple Watchのワークアウトでオートメーションを自動実行させる

Apple Watchのワークアウトで、ワークアウトを終了した時にオートメーションが自動実行するようにオートメーションを作成します。

ショートカットの実行時、およびオートメーションの実行時に、確認通知が表示されないように、各「実行時に表示」「実行の前に尋ねる」ボタンをオフにします。

以上で、ジョギングやウォーキングなどの帰宅時にワークアウトを終了したと同時に、エアコンと照明を点けることができました。

Apple Watch と Siriショートカット
Apple Watch と Siriショートカット

まとめ

出来ることなら、BluetoothやWi-Fi、出発時、到着時などをきっかけにした時も、自動的にオートメーションが動作してくれるのが理想ですが、いまのショートカット.appの仕様上これらを実現させることができないのが、残念なところですね。

今回使用したもの

‎SwitchBot
‎SwitchBotシリーズ製品で暮らし快適 !スマホのワンタッチでスイッチをオン・オフしたり、温湿度計でお部屋の状態を遠隔観測したり、ハブミニで家電を一括管理したりします。 SwitchBotと一緒にライフスタイルをスマートにしませんか? SNSでお得な情報をGET!ぜひフォローしてください - 公式HP: ww...
タイトルとURLをコピーしました