Apple Watchから家電をコントロールしてみよう。(SwitchBotがApple Watchに対応したよ!! 編)

これまでApple WatchからSwitchBot経由で家電をコントロールするには、ショートカット.appやSiriショートカット、IFTTT(イフト)などを利用してきましたが、今日 SwitchBotアプリ(iOS版)のバージョンアップにより、Apple Watch に対応、Apple WatchからSwitchBotで制御しているデバイスを直接コントロール出来るようになりました。(基本オンオフの切り替えのみのようですが…)

Apple Watchで家電をコントロール

これまでApple Watchから家電をコントロールしようと、色々やってきましたが、

SwitchBotアプリが正式にApple Watchに対応(機能限定)したので、ますます家電をコントロールする事が、楽になりました。

https://apps.apple.com/jp/app/switchbot/id1087374760#?platform=iphone

主な新機能は、

  • Apple Watchを対応。WIFI・4GネットワークでSwitchBotデバイスを直接に、またはSiri経由でコントロール。
  • ホームページでデバイスをタップすると、対応の操作をポップアップするように。対応するデバイス:ボット、温湿度計、カーテン、プラグ、加湿器
  • シーン画面でシーンの作成・実行。
Apple Watch に対応

私がSwitchBotを導入してまだ1年くらいしか経っていませんが、結構SwitchBotアプリが進化してきています。先日SwichBotが利用しているサーバー(Amazon Web Services)の障害時に、如何に自分がSwitchBot(スマート家電)に依存しているか確認できましたしね。

お勧めの製品

コメント

タイトルとURLをコピーしました